躁鬱病と鬱病の症状と対策
スポンサードリンク

鬱病と躁鬱病とは

冬季鬱病の症状





鬱病のタイプには季節がある事もご存知ですか?
冬になると気分が憂鬱になってしまうなんて事はありませんか?

それは冬季鬱病症状の一つなのです。

この冬季鬱病とは冬だけ鬱病で春になると気分が晴れてくるという症状があります。
秋頃から気分が落ち込み始め冬季の間ずっと落ち込み気味になってしまうのです。

これには色々な原因が考えられているのですが・・・
その一つに冬季の日照時間も原因だと言われています。
その他の症状として、特に眠くて仕方がない、とにかく食べたくて食べたくて仕方がないなどがあります。
しかし、冬季鬱病症状は春になると回復するという特徴を持っています。
春になると回復するため自分が冬季鬱病とは自覚するのは難しいといわれています。
まして、冬は眠たいし、冬太りというくらいですから太っても冬のせいだと片付けてしまいがちですよね。
だからこそ勇気を出して受診する事も一つの手なのかもしれません。

そこのあなた!大丈夫ですか?

鬱病と躁鬱病とは

鬱病対策





最近なぜこんなに鬱病をよく耳にするのか?
鬱病にならないためにはどのような対策があるのか?
少し考えてみましょう。
鬱病対策とはいったい何なのでしょうか?
まず、鬱病の一番の原因はストレスにあるといわれています。
「ストレスに負けるな!!!!」
「ストレス社会に打ち勝て!!!」
などというキャッチフレーズをよく目にします。
ここまでストレス、ストレスと言われるという事は・・・
現代社会にはあらゆる所にストレスを感じているという事ではないでしょうか?

まず私の一日の流れを考えてみると、確かにストレスだらけの毎日です(笑)
そんなストレス対策の一つとして私はプライベートに思いっ切り遊ぶことにしています。
どこかでストレス発散をして鬱病にならない対策をしなければと。
人それぞれ対策はあると思います。
ただ、何事も無理をしない事。
それが鬱病対策の第一歩といえるのではないでしょうか?

鬱病と躁鬱病とは

鬱病の症状と治療法





鬱病の症状には倦怠感やすべての事においてやる気がなくなってしまうなどとさまざまです。
単に鬱病といっても人それぞれ症状も違うのです。
また鬱病の中にも色々種類があるので単に今言ったような症状だけとは限りません。
頭痛や腰痛といった身体的な症状が現れるタイプもあります。

そして鬱病の一番の治療法として考えられていることは「休養」です。
「え?それだけ?」
と思う人もいると思いますが。
鬱病は心の病です。
つまり心を休めてあげる事が一番なのです。
簡単に心を休めるといっても難しいことだと思います。
そこでそれと併用した治療法として物治療も一つの方法なのです。

なんてと思っている人も一つ取り入れる事で少しは楽になるかもしれませんよ。

鬱病と躁鬱病とは

鬱病の芸能人





鬱病の芸能人として最近世間を騒がせているのが朝青龍。
朝青龍が芸能人かという事はさておき・・・(笑)
鬱病は実は芸能人に多いとか?
あまり気づいていない人も多いかもしれませんが。
芸能人のいきなりの自殺で新聞を騒がせることもありますね。
その時の周りの反応は「何であの人が???」「そんな素振りなかったのに・・・」と口をそろえて言っています。

芸能人は完ぺき主義者が多いと耳にします。
鬱病はそういった人が何かにつまずいた時に、今まで張り詰めていたものがプチンと切れてしまう。
鬱病のきっかけは簡単な事なのかも知れません。
それくらい鬱病自体周りにも気づかれることなく着々と、心を食いつぶしていっているのですね。

気づいた時にはすでに遅いのかもしれません・・・

鬱病と躁鬱病とは

大鬱病の症状





鬱病とは鬱病より重症な症状の事です。
鬱病症状は常に仰うつ状態、またすべての出来事に関して喜びが感じられない状態などさまざまです。
大好きな人にデートに誘われても、すてきなプレゼントをもらってもうれしいと感じないのです。
これは悲しいですよね。。。
鬱病鬱病症状は似ていますが、大鬱病の方が鬱病より深刻と考えてもらっていいと思います。
それくらい深刻な症状なのですから…
自殺を考えてしまうことやもっと最悪な事に実際に自殺までにいたる事もあるそうです。
最近、簡単に誰もが自らの命を絶ってしまいますよね。
そんなニュースを見るたびに心が痛みます。
しかしその中には大鬱病になっていた人もいるのでは?と最近思うようになってきました。
つまり大鬱病症状になる前にしっかり治療をする事がもっとも重要なのです。

鬱病と躁鬱病とは

仮面鬱病とは





仮面鬱病とはいったいどのような症状なの???
私が簡単にそして勝手に解釈すると・・・
仮面鬱病とは、心の病なのに精神的な症症状現れず身体的な病のような症状が現れることです。
もちろん、鬱病には変わりありません。
しかし、仮面鬱病とは身体的な症状が現れる事で鬱病と気づくのが遅れてしまうパターンも多いそうです。
特に症状として頭痛や腰痛など身体的な痛みとして現れます。
実際、頭が痛いからといって「私鬱病かも?」なんて考える人の方が少ないでしょうね。
それくらいわかりにくい病気といってもいいでしょう。
つまり仮面をかぶっている鬱病。。。
だから仮面鬱病という訳ですね。

実際仮面鬱病になっている人にとっては笑えない事だと思いますが・・・

そのまんまですね(笑)

鬱病と躁鬱病とは

陰性症状と鬱病の違い





陰性症状と聞いて何を思うでしょうか?
私は恥ずかしながら何も思い浮かばなかったです。
そこで仲のいいドクターに教えて〜!!!と頼み込みました(笑)
詳しく聞くと精神分裂病を陰性症状と陽性症状に分けて考えることがあるみたいです。
陰性症状には、気力ややる気がなくなってしまい周りの人と話さえもしたくなってしまう症状が現れるそうです。
そしてこの陰性症状に似ているのが鬱病です。
鬱病はよく聞く病気ですよね。
この陰性症状鬱病はまったく違う病気なのです。
しかし・・・
鬱病にも気力ややる気がなくなってしまう事もあり残念ながら私には違いが分かりませんでした。

やはり陰性症状鬱病の違いの最終的な見極めは病院へ行き専門医の受診をする事が一番のようです。

鬱病と躁鬱病とは

躁鬱病(そう鬱病)と鬱病の違いとは





最近よく耳にする躁鬱病 (そう鬱病)と鬱病の違いとは果たして何なのでしょうか?

人間は誰でも落ち込む時があります。
私もよく失恋して「もう立ち直れない」と何度思ったことか・・・
しかし、ずっと落ち込んでいる訳ではなく時間がたてば少しずつ回復していきますよね。
結構人間って強いものです(笑)

ところが、鬱病とはその落ち込んでいる状態から回復が見られず、ずっと落ち込んでしまっている状態なのです。
逆に躁鬱病とは落ち込んでいる時とそうでない時が訪れる状態です。
つまり「躁」と「うつ」の状態が交互に現れるのです。
「躁」の時は「うつ」の時とは人が変わったかのようにボジティブになるのも一種の特徴です。

このように躁鬱病(そう鬱病)と鬱病の違いとは、どちらも心の病気ですが、似ているようでまったく違う病気なのです。

鬱病と躁鬱病とは

鬱病とは





最近となっては当たり前のように耳にする病気、「鬱病」。
「私なんて関係ない!!!」
と思っている人に限ってかかってしまっていたとか・・・
「まさかあの人が鬱病に???」
と思う人がかかってしまっていたなんて話も聞きます。
そんな鬱病とはどのような病気なのでしょうか。
鬱病とは、簡単にいうと自分ではどうする事も出来ない状態の病気なのです。
はっきりとした原因がない事や、症状も人それぞれ異なります。
なので、自分が鬱病になっていると気づかないまま日常生活を送ってしまうパターンもよくあります。
しかし、鬱病とは決して珍しい病気でもなく誰にでもかかる可能性のある病気の一つなのです。
そんなあなたは大丈夫ですか?
毎日うつ気分で過ごしていませんか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。