躁鬱病と鬱病の症状と対策
スポンサードリンク

症状の種類について

躁鬱病の身体症状





鬱病とは「躁」と「うつ」を兼ねそろえた鬱病の一種です。
「躁」の状態では気分が爽快でよく喋りとても機嫌がいいように見えます。
逆に「うつ」の状態では気分が落ち込み誰とも接したくないような症状が現れます。
それとは別に躁鬱病も身体症状が必ず現れます。

鬱病ではまず精神面では気分が盛り上がり躁の症状と気分が盛り下がりうつの症状の両者が現れます。
それに付け加え、身体症状として不眠、食欲不振、肩こり、頭痛、腰痛などが現れることもあります。
つまり鬱病も躁鬱病も精神症状だけではなく身体症状が現れるのです。

精神的症状だけでもいっぱいいっぱいになってしまう躁鬱病なのに・・・
身体症状までも現れてしまうのですからやっかいなものです。

しかし、身体症状といってもここも難しい所で・・・

誰でも眠れない日もあればご飯が喉を通らない日もあります。
私の場合はまったくないから問題ないでしょうけど(笑)

ただこれらの症状が続くようであればあなたももしかするともしかするかも?!

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53683291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。